自営業の住宅ローン、親子で借りるには?

自営業の方が住宅ローンを借りにくいというのは、収入が低くなっていたり、赤字決算になっていたりすることが一因です。
節税になるから収益が少なくてもいいという考えだと、実際には年間100万円ほどのローンを返済出来る状態でも書類上は収入が低いということになるのです。
返済のための資金がないわけではないけれども、審査に通らないといった場合は、親子で借りるという方法も検討してみましょう。
親子でお店を経営しているといった場合でも、収入を合算して審査を受けることが出来るので、収入が低いのでNGということがなくなります。
また、親が返済終了時に80歳を超えても審査に通りますから、60歳になってからでもローンが組めるのです。
子供の方は、完済時に80歳未満である必要があります。
自営業の住宅ローン審査で年収基準が甘い銀行は?