地方では特に深刻な医師不足となっている?

日本では医師、看護師の数の不足が年々深刻化しているようですね。
(汗)これが医療現場の深刻な問題となっています。
医療ミスがなくならない原因があります。
そのひとつに、患者の数に対して、医師数が極端に不足していると言うことですね。
そんな現状が挙げられます。
日本は、高齢化社会です。
高齢者を中心に患者数が増加する一方です。
それに対し、医師、看護師の数が極端に足りていないと言うことがあります。
このように人員不足の為に、医師ひとりにかかる負担はどんどん増えていると言う状態です。
(汗)そして、偉くなっても責任、仕事ばかりが大きくなります。
その一方ですよね。
それに加えて、医師不足と言うことで、長時間労働も課せられています。
(汗)このような過労も、医療ミスが起きる確率を高くしている原因ではないかと言います。
問題視されています。
(汗)特に地方の場合は、高齢化の傾向は顕著です。
地方の病院の医師不足も深刻です。
より医療ミスが起きやすい環境になっています。
り医療の安全性が問われていると言うことです。
そんな労働環境では、ミスが増えてしまいます。
それも仕方ないことなのかもしれませんね。
(汗)。
これに対して、医師にもっと優秀な教育が必要だと言う人がいます。
しかし、これは全くの別問題のように思えますね。
医師だって私達と同じ人ですよね。
そんなことで、いくら優秀な医師でも、過労では健康状態も悪くなると思います。
(汗)体調を崩した、注意力散漫な状態では、優秀な医師でもミスを犯してしまうと言うことですね。
医師、看護師のスキルアップも大事なことです。
(笑顔)。