保険の窓口のアドバイザーは親身になって相談に乗ってくれるの?

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。
押しの強いFPさんに当たってしまうと、納得できない契約をしてしまうことも考えられます。
「確実に損をしますよ」等不安をあおるなどこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、その後の対応についても不安が残るので一度離れた方が良いかもしれません。
できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。
今、巷で話題の保険無料相談。
資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。
どんな仕組みでそんなことが可能になっているのか、探ってみました。
簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。
よって利用者と直に接することになるFPさんは面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。
保険の見直しというと実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりと直接会うような形が多いかと思いますが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。
どういった流れになるかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。
お金は1円も必要ないそうです。
これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。
良い保険無料相談会社の選び方として、クチコミは参考になります。
それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、注意深く掘り下げてみましょう。
偏りのない提案をできるのが良いFPさんと言われています。
顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、ライフスタイルに沿ったプランであることはもちろん、時には突拍子もないように思える提案に納得させられることもあるそうな。
会社の選定にはFPさんの質が大きなポイントとなってくるので経験を積むためにも複数社で面談を頼んでみるなどして、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

http://www.hokensoudanmadoguchi-taiken.com/