住宅ローン借り換え団体信用生命保険がかぎ?

長期固定金利のフラット35を除いて、新規や借り換えを問わず、住宅ローンを組むためには「団体信用生命保険」の加入を条件にしている銀行がほとんどです。
この団体信用生命保険とは文字通り生命保険の一種で、住宅ローンを借り入れている人が死亡したり高度障害になり返済の継続が不可能になった際に、住宅ローン残金を保険会社が肩代わりしてくれる保険です。
これにより、残された家族は、住宅ローンに関しては何も心配しないで安心して現在の住宅に住み続けることができるという心強い保険です。
融資する銀行側も、残された遺族から住宅ローンを取り立てるという鬼畜の所行(?)に出なくても返済が保障されているので、債務者に加入を義務づけているのです。
加入を義務づけている銀行は、ほとんどが保険料を負担しています。
それほど、銀行にとっては加入してほしい保険だと言えるのでしょう。
住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】